電話占いで使われる占術の種類

電話占い夢桜に利用される占術は様々な種類がありますが大きく区分すると(1)命の占い(2)卜の占い(3)相の占い(4)特殊能力による占いに区分されるでしょう。

今回は「命の占い」と「卜の占い」について説明したいと多います。

まずは【命(めい)の占いです】。

これは西洋占星術の占いで、人の一生は星の配置によって左右されているという考え方が基本になっています。

西洋占星術の起源は今から6000年前の起源前4000年頃のメソポタミア文明まで遡ります。

そのときのシュメール人たちが編み出したという説が有力視されています。

当時の12星座は現在のものとは違っていました。

「小鳥座」や「カラス座」や「雇人座」などがありました。

西洋占星術の根本的な思想は地球をまわっている天体の動きが地球上のさまざまな現象に影響を与えるということにあります。

人間も誕生した瞬間から星の配置によって影響があるとされています。

西洋占星術では「惑星」「月」「太陽」などの天体が占いの大切なファクターになります。

天文学上の新しい発見がある都度、西洋占星術の世界には激震が走ります。

これまでの理論の変更を余儀なくされるからです。

西洋占星術の前提は天体が地球を中心に回転しているのが前提です。

歴史の教科書で習った天動説を唱えた天文学者であるケプラーも占星術師だったのです。